43号線を西へ東へ

アウトプットのサンドボックスです

まぶしいクルマはだいたいダイハツ

ご訪問ありがとうございます。よろしければ読者登録お願いします↓


その設計おかしくないか?という話です。ダイハツ車のヘッドライトはまぶしいのです。

車の運転中、対向からまぶしいヘッドライトの車が来ると、視界の半分くらいが無くなる時があります。幻惑です。まじで危ないです。また、まぶしい車が後ろにつくと、バックミラー越しに目をやられます。

私の目が弱いのかもしれませんが、そのような車対策で、夜でも暗くならないタイプの偏光サングラスをかけることがあります。後ろに疲れたら、先に行かせます。

いろいろ書いていますが、結論としてはハイビームで照らされるのは好きではありません。しかしハイビームではないのにまぶしい車があります。最近のダイハツ車です。

パッシングされて気づいたダイハツ車のヘッドライトがまぶしいこと

ダイハツの車はロービームなのに、「なんでハイビームやねん!」と腹が立つぐらいまぶしいのです。

前に乗っていた車がトヨタブランドのダイハツ車でした。2年乗りましたが、何度かパッシングをされたことがあります。その時はなぜ私がパッシングされたのか訳がわかりませんでした。

その理由が数週間後にわかりました。同車種の車とすれ違った時、ハイビームか?と思うぐらいヘッドライトがまぶしかったのです。パッシングした車は「ハイビームになってるから元に戻してね」という意思表示をしてくれていたのです、今から思えば。

とはいえ、ロービームで走行中ですからそれ以上は下げることができません。ここ数年に発売された車は走行中はライト点灯が義務となっているので、ヘッドライトは自動点灯となっていますし、消すこともできません。

それからヘッドライトがまぶしい車を見かけるとダイハツか否かを確認するようになりました。確認した中では、まぶしいのはほぼダイハツです。

その設計おかしくない?と夜に車に乗るたびに思っています。

昨日もまぶしいライトの車はダイハツでした。

昨日信号待ちで対向したトヨタブランドのダイハツ車のヘッドライトがこちらです。信号や街灯と比べて一番目立つ光源になっています。

拡大すると後ろの車に比べて明るいのがわかります。直進性が高いLEDの弊害だけではなさそうです。

ネットでも同意見の方がいました。

自分でライト交換して光軸がずれることもあるのですね。ダイハツ車になっている人全員が自分で交換しているとは思えないので、設計の問題でしょうね。

すれ違うたびにまぶしくて「まぶしっ」「うわって」思います。毎回なんとかならないのかと思っています。