43号線を西へ東へ

フリーランスの備忘録、アウトプットの実験場

Snaping Tool:Windows11の標準機能で、テキスト認識(OCR)をおこなう

このブログはプロモーションリンクを含むときがあります


Windows11の純正機能でテキスト認識(OCR機能)することが可能です。スクリーンキャプチャを行う純正アプリSnaping Tool、その方法を備忘録的にまとめます。

前回、iPhoneスクリーンショットや写真からテキストを認識する方法をまとめました。その続きになります。

iPhoneでテキスト認識表示(ライブテキスト)を使いこなす - 43号線を西へ東へ

Snaping toolとは

Windows純正のスクリーンショットの撮影などが可能なツールです。

  • 画面の一部または全体のスクリーンショットを撮影できます。
  • 撮影した画像に簡単な編集を加えることができます。
  • 画像をクリップボードにコピーしたり、ファイルとして保存したりできます。

Snaping toolの起動方法

ショートカットキーを使う起動方法

[Win]+[Shift]+[S]キーで起動します

WInキーから起動すると3/5/10秒後のキャプチャがとれる

メニュー画面をスクショするとき、スクリーンショット機能を立ち上げるとメニュー画面が閉じます。数秒後にスクリーンショットを撮影してくれると、メニューを開いた状態で撮影が可能です。

[Win]キーを押してSnapping toolを検索します

Snapping ToolのOCR機能を使ってみる

STEP
キャプチャを行う
Snapping Toolでキャプチャします。

STEP
画面右下のポップアップをクリック
キャプチャ後、右下にポップアップするウインドウをクリックする。

STEP
テキストアクションボタンを押す

STEP
数秒後、OCR完了
文字認識された場所はハイライトされてコピーが可能です。

メールアドレスや電話番号をマスクするクイック編集?をやってみる

STEP
クイック編集ボタンを押す
メールアドレスや電話番号がマスクされるようです。

STEP
結果
メールアドレスはマスク成功、電話番号はマスクされませんでした。

リンク

昨日アップした記事です。3年ほど前からiPhoneも純正機能でテキスト認識できますよ。

driveon43.com

2023年9月のインプレスの記事にSnaping toolのテキスト認識が可能になった事の記述がありました。テキストの認識は「Text Actions」という機能によって実現され、Snipping Toolのバージョン「11.2308.33.0」以降で利用可能。

pc.watch.impress.co.jp

まとめ

このように実用レベルの文字認識(OCR)がWindowsの純正機能に搭載されています。数年前から画像をiPhoneに飛ばして作業をしていたので、めんどくささを感じていました。これでPCで作業が続けられます。使いこなしていきたいものです。

\\応援よろしくお願いいたします//

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村