43号線を西へ東へ

アウトプットのサンドボックスです

ショートカットでObsidianの音声メモを取る:実地テスト

ご訪問ありがとうございます。よろしければ読者登録お願いします↓


先日作成したiPhoneのショートカットを運転中に使ってみました。何分間継続して録音ができるのかの検証を行いました。

結果として2分程度のメモを作成できました。純正のメモ帳は無音時間が30秒間続かない限りはずっとメモができるので、それに比べるとかなり短いですね。

音声入力結果

ただいま9時48分iPhoneショートカットオブシリアンにファイルを作るショートカットのテスト中である

このショートカットが何分間継続して入力できるのかを試すために今しゃべっています。目標10時までしゃべってみたいと思うがあまり長すぎると問題が起こるかもしれない。9時55分までつまり6分間喋ることができるかと言うテストを行ってみようと思う。

現在43号線を東に向かって走っているところである。西宮本町の交差点を通過したのが9時49分である。今日の先ほど運転を始めたときの気温は6度であったが運転をし始めてから10分程度経った今7度まで外気温は上がっている。今年1番の寒さになる予定である日は少し柔らか明後日明明後日木曜日ぐらいにはまた強烈な寒波が出てきて、


音声入力はここで終了し、ファイルが保存されました。331字です。

記録時間は9時48分から51分まで。3分程度しか入力ができなかったようです。メモを書き始めるためにObsidianを立ち上げて新規ファイルを作るという手間を考えると2分間でもメモを取れると言うのは大きいことかもしれません。

Obsidian(オブシディアン)をオブシリアンと認識していますが、その他大きく誤認識したところはありません。運転中なので前車がブレーキを踏んだりすると途端に意識が途切れて喋れなくなるので文字数は少なくなります。

また、誤字脱字やアクションリストの作成等を考えると、Notion AIに投げかけて作業をその上でできる方が効率が良いのかもしれないが、そればっかりはやり方がわからないので仕方がないです。

音声入力関連のまとめ記事はこちらです。