43号線を西へ東へ

アウトプットのサンドボックスです

ブラックフライデーに備える!Windowsタスクスケジューラ活用術

ご訪問ありがとうございます。よろしければ読者登録お願いします↓


Windowsのタスクスケジューラをリマインダーとして使う技を覚えました。

1ヶ月ほど前にスクリーンキャプチャソフトの記事を書きました。スクリーンプレッソ(Screenpresso)です。非常に使いやすくて無料でも基本機能は使える優秀なソフトです。

無料版ではできなかった再編集が可能になったり、利便性が高まるので課金するつもりでしたが、あることがきっかけでただいま保留中です。

保留の理由はブラックフライデー待ちです。スクリーンプレッソは年に一回しかセールを行っていないようなので、見逃せば購入の機会がまた伸びてしまいます。Windowsの基本機能でタスク管理の機能(タスクスケジューラ)があったので、使いこなしてみたいと思います。

まずは、どこにあるのか分かりづらい、タスクスケジューラの立ち上げ方から取り上げます。

Windowsの基本機能タスクスケジューラの起動方法

Windowsキーを押して、タスクスケジューラと打ち込んでください。ウチの環境では、「たすく」と入力したら表示されていました。

タスクスケジューラの立ち上げ方

タスクスケジューラの画面になります。真ん中上にスケジュールされたタスクが並びます。新規のタスクの追加は右側のパネルから行います。

タスクスケジューラのウインドウ

ブラックフライデーに合わせて、X(Twitter)が開くようにWindowsタスクスケジューラを設定

1/8 基本タスクの作成

「基本タスクの作成」から進めていきます。他の項目のことはまだ勉強中です。

右側のパネルから新しいタスクを作成します。

2/8 タスクの名称や説明を入力します

タスクスケジューラには、Googleマイクロソフトのアプリアップデート確認関係のタスクがいくつか入っています。後々削除することを考えると、自分で作ったことがわかるような記述があるといいと思います。

基本情報を入力します

3/8 タスクの実施頻度トリガーを設定する

タスクの実施頻度を決定します。

4/8 実施したい日時(ブラックフライデー)を入力します

海外のブラックフライデーなので、日本時間だと金曜日の夜か朝にタスクを実行します。下記画像はデモ画像で時間設定前です。

スケジュールを入力する

ここでは一つしか時間を設定できません。タスクが完成すれば、タスクの発動時間を増やすことができます。そのやりかたも後述します。

5/8 タスクの内容を選ぶ

今回はChromeでX(Twitter)のサイトを開く開くのでプログラムの開始を選びます。

どのようなタスクを実施するのかを選ぶ

6/8 プログラムの開始(実際のタスクを入力する)

使用する(A)プログラム(B)引数(パラメーター)を設定します。ここではChromeのプログラム本体がある場所と、Chromeで表示させるURLが必要です。しかるべきところからコピーし、貼り付けます。

ブラウザ(今回はChrome)でスクリーンプレッソの公式Xを表示する設定

6-1プログラムの場所はプロパティから

タスクバーアイコンを右クリック、アプリ名を右クリック、最後にプロパティを左クリックして、プロパティ」画面を開きます。

2回右クリック、最後に左クリックしてプロパティを開きます

Chromeのプロパティのショートカットタブ、リンク先にかかれたプログラムファイルの場所(パス)をコピーして、(A)に貼り付けます。

Chromeのプロパティからプログラムファイルの場所(パス)をコピーします

6-2引数(パラメーター)はXのアドレスを使います

実際にブラックフライデーセールがあれば、公式Xで告知されるという予想の元に動いています。ウェブブラウザからXのアドレスをコピーして(B)に貼り付けます。

開きたいウェブサイトのURLをコピーする

7/8 確認画面

できあがりの確認画面です。よければ完了ボタンを押します。

できあがり

8/8追加の日時を指定する

ブラックフライデーセールがいつから始まるかがわからないので、日本時間金曜日の夜と土曜日の朝の2回にわけて、タスクを発動させたいと思います。

先ほど作ったタスクをダブルクリックで開きます

トリガータブの新規ボタンを押して、追加で発動させたい日時を追加します。

新規ボタンを押すとトリガー(発動条件)を複数作ることができます

上記のように、日本時間の11月24日金曜日夜と、翌朝にブラウザが開かれるようになります。

最後に

そもそもタスクスケジューラとは、ソフトがアップデート更新の確認やPCのバックアップなど、PCの保守管理的に使うものなのかもしれません。

リマインダーやカレンダーソフトでも同等のことができそうです。しかし、通知が来てからわざわざブラウザを立ち上げでという手間がタスクスケジューラだとありません。PCを開いていると問答無用で実行してくれるのが、タスクスケジューラの利点だと思いました。

これだけ準備してるのに、今年はScreenpresso(スクリーンプレッソ)のブラックフライデーセールがなかったら、笑いしかでませんね。

追記2023年11月26日

Xの更新がされなかったのでセールはないものとあきらめいましたが、無事に購入できました。