43号線を西へ東へ

アウトプットのサンドボックスです

周回遅れの2023年によく聞いた音楽の振り返り

ご訪問ありがとうございます。よろしければ読者登録お願いします↓


1月も半ばを過ぎました。いつまで振り返ってんねんって、突っ込まれる記事になってしまいました。下書きの奥底にあった投稿忘れ記事を、もったいないのでこっそり投稿します。

Replays'23、Apple Musicのよく聞いたアーティスト、曲、アルバムのランキングのレポートです。自動集計で表示されるもので、忘却の彼方にある上半期によく聞いてた曲ともに思い出がフラッシュバックされるという思い出確認ツールです。

2年前まではAmazon Musicを使っていたこと、去年は家のAmazon Echoを子供たちが使っていたので、AdoやNizu、そのほか韓流だらけのReplysでしたが、今年のリストはほぼ自分の聴いた曲たちです。

Replysの詳しい解説は、本家のこちら↓

最初にまとめ

映画Blue Giant に感動してジャズを再認識した年であり、また子どものおかげで新しい音楽に出会った年でもありました。

昨年は水曜日のカンパネラにどっぷりはまりました。元々は意味のある歌詞が好きな方ですが、ケンモチマサフミ氏の才能あふれる楽曲に、そんなことはどうでも良くなりました

優里の「ビリミリオン」や「レオ」も良い曲でしたが、ランクインしていません。というのも優里の曲は歌詞が秀逸で、聞くと涙がこぼれる可能性が高いからです。人様に泣き顔をお見せするのも心苦しいため、なかなか聞くタイミングがありませんでした。それほど良い曲でした。

以下ランキングを貼り付けておきます。

トップアーティスト

  1. 上原ひろみ
  2. TOWA TEI
  3. 石若駿
  4. 馬場
  5. 水曜日のカンパネラ

良く聴いた曲

  1. エジソン水曜日のカンパネラ
  2. アップルミュージックのスムースジャズプレイリストの曲
  3. アップルミュージックのスムースジャズプレイリストの曲
  4. Impression:映画BlueGiantのサウンドトラック
  5. We Will:映画BlueGiantのサウンドトラック

トップアルバム

  1. 上原ひろみ:映画BlueGiamt のサウンドトラック
  2. 映画セッションのサウンドトラック
  3. 静かに集中できる読書BGM
  4. 青春アカペラ甲子園
  5. TV アニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック

最後に

以上、周回遅れの振り返り記事でした。

運転中にかける音楽を意図的に変えています。今一番好きな曲を聞くというより、聞いていると落ち着く曲を流して、安全運転できる環境を作れないかなと。

今年のReplaysも楽しみです。

優里の曲を取り上げた記事2本。

JAZZの映画を観た後に作ったプレイリスト